iphoneのアプリ開発するときのヒントとアドバイス

会議

作成の準備と審査の厳しさ

アプリ開発

スマホやiphoneは非常に便利です。電話やメールしか使わないのはとても勿体無いです。最近では町中やお店の中でも無料のWi-Fiを利用してインターネットに繋ぐことができます。いつでもどこでもインターネットを楽しむことが出来る時代です。そして、アプリの開発もとても進歩しています。カーナビのような位置情報を利用した地図アプリ、無料で友達と通話やメールが出来るアプリ、そしてゲームのアプリも進化しています。新しいサービスや新しいアプリを開発することで世の中は便利になるでしょう。自分でiphoneのアプリを開発しようと考えてしる人は準備が必要になります。

まず、アプリ開発をする場合はネット環境が必須です。プログラミングを書くことはネット環境がなくても可能ですが、自分のプログラミングが正しく動くかどうかはネット環境で実際にテストした方がわかりやすいでしょう。それに、iphoneアプリの開発には、様々な手続きや登録が必要です。そのため、ネット環境が必要です。ネット環境が悪いと開発途中のアプリをテストすることも手続きや登録することもできなくなります。

また、iphoneのアプリを開発するときにはMacのPCが必要になります。さらに、iphoneとアンドロイドでは違う部分もあります。画面サイズが異なっているのでピクセル数も違います。きちんと自分のターゲットとなるユーザーのピクセル数を把握しておきましょう。それに、iphoneアプリ開発は申請や登録に時間がかかりとても厳しいことで有名です。審査に合格出来るように細かい部分までチェックしてから審査してもらいましょう。

プログラミングを覚える

男性

スマホやタブレットは若い世代から高齢者まで爆発的に普及しています。そのため、アプリも沢山の種類が出てきています。個人でアンドロイド用のアプリを開発する場合は専門的な知識が必要です。まずはプログラミングを勉強しましょう。

Read More...

情報と英語の大事さ

開発中

技術は常に進歩しています。ITの世界は技術の進歩が早いのが特徴です。常に新しい情報を入手しておく必要があります。iosアプリの開発も同様です。それに英語を理解していると便利です。

Read More...

初心者でも簡単に作れる

システム

アプリはいろんな種類があり、私達の生活を便利にしてくれます。初心者が自分でアプリ作成をしようと考えたらプログラミングを勉強する必要があります。最近は初心者でも簡単にアプリを作ることができるサービスもあります。

Read More...